chart_20160527

勢い続く「ズートピア」


(この記事は2016年5月27日付毎日新聞夕刊映画欄において掲載されたものです)

【シネマの週末・データで読解:週末興行成績(21、22日)】毎日新聞 2016年5月27日

1. (1) ズートピア
(5週目)
2. (2) 殿、利息でござる!
(2週目)
3. (3) 世界から猫が消えたなら
(2週目)
4. (4) 名探偵コナン 純黒の悪夢
(6週目)
5. (ー) 海よりもまだ深く
(1週目)
6. (5) 64―ロクヨン―
(3週目)
7. (6) シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
(4週目)
8. (8) 映画クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド大突撃
(6週目)
9. (28) ガールズ&パンツァー劇場版
(27週目)
10.(ー) 機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 3 暁の蜂起
(1週目)

※()の数字は前週順位。興行通信社調べ

勢い続く「ズートピア」

ディズニーアニメ「ズートピア」が、土日2日間で動員37万5137人、興収5億円を超え、3週連続1位を獲得した。累計動員は350万人、累計興収は45億円を突破し、関係者は「60億突破も見えた」と言う。

しかし本作が特筆すべき点はそれだけではない。本作は4月23日に公開され、先週は公開5週目だったが、ゴールデンウィークが終わって興行全体が落ち込んだ5月7日の週を除く3週で、週末興行収入が前週比で増加している。

本紙の映画評でも、「一切手抜きなし」と激賞された本作。動員の足並みが落ちず、むしろ拡大しているのは、鑑賞者の強い満足度とともに、その反響を見越したかのような公開後のテレビCMやテレビ番組での宣伝展開がドライブになっているとみられる。

2012年以降に公開された作品で、公開規模が拡大していないにもかかわらず。興行収入が前週比で3週以上増加した作品は、今週末ランキングにもある人気アニメの劇場版「ガールズ&パンツァー 劇場版」(27週目のロングラン)と、総興行収入250億円を超え、社会現象となったディズニーアニメ「アナと雪の女王」(前週比で5回増加)だけである。「ズートピア」も5週目の段階で、公開前より鑑賞意欲は上昇しており、勢いはまだまだ続くであろう。

(GEM Partners代表、梅津文)=毎月最終金曜日掲載

◆掲載元◆
毎日新聞: シネマの週末・データで読解 「勢い続く「ズートピア」」 (毎日新聞2016年5月27日 東京夕刊)

関連記事