夏興行の“ホット”ロード


ホットロード

先週に引き続き、今年の夏興行が例年と比べてどのようなペースなのか、公開されていない作品については現時点での見込みシミュレーション結果含めて分析した。

先週と同じく、集計対象は、各年の6月最終週~8月最終週のひとつ前の週(5週ある場合は第4週目まで、4週ある場合は第3週目まで)の間に100スクリーン以上で公開された作品である。

夏興行の比較

8月8日に公開された『STAND BY MEドラえもん』『トランスフォーマー/ロストエイジ』が1週前時点でのシミュレーション値を上回るスタートとなり、また、これから公開の作品もペースアップしている。これらの要因により、同じ条件で比較したとき2014年の興行は2010年、2009年、2013年に続く規模となった。

大ヒットスタートとなった『STAND BY MEドラえもん』は過去のドラえもんシリーズと比較して、親層(15歳未満の子供と映画に行く)の意欲度は過去のドラえもんシリーズ並み。また、15歳から69歳男女の中から「親層」を除いた「大人層」での意欲度は高めであった。

今週末は『ホットロード』が公開される。先週(8月2日から8月8日までの間)テレビの番組内露出量は群を抜いて高く、公開2週前から公開1週前にかけてシミュレーション値も上昇している。今週も公開に向けて話題度の高まりに期待がかかる。

先述の『STAND BY MEドラえもん』『トランスフォーマー/ロストエイジ』はもちろん、『マレフィセント』『思い出のマーニー』『るろうに剣心 京都大火編』『GODZILLA』なども市場内の意欲度は高く、お盆の週末にかけて多くの客でにぎわうことであろう。

夏興行全般が“ホットロードショー”となることに期待がかかる。

(C)2014「ホットロード」製作委員会 (C)紡木たく/集英社

関連記事

  • 2013年夏映画興行の「熱」:さらなるモンスター級の風を求めて2013年9月6日 2013年夏映画興行の「熱」:さらなるモンスター級の風を求めて いま映画事業者の方にお目にかかると「この夏は~」という話になる。「風立ちぬ」「モンスターズ・ユニバーシティ」が合計で200億にもなろうとし […]
  • 夏興行の”暑さ”は続くか2014年8月8日 夏興行の”暑さ”は続くか 暦の上では立秋を過ぎたので、少し早目に夏の振り返りを始めていきたい。 今年の夏は例年と比べてどのようなペースなのか。まだ公開されてい […]
  • 「進撃」の満足度2015年8月28日 「進撃」の満足度 (この記事は2015年8月28日付毎日新聞夕刊映画欄において掲載されたものです) 【シネマの週末・データで読解:週末興行成績(22、 […]
  • 活況を呈する夏休み興行2015年7月31日 活況を呈する夏休み興行 (この記事は2015年7月31日付毎日新聞夕刊映画欄において掲載されたものです) 【シネマの週末・データで読解:週末興行成績(25、 […]