洋画ヒットによる記録的な夏興行


夏の大作も出そろい、お盆は記録的な興行成績となったようである。

以下の【図1】は、夏興行に向けて公開された作品の最終興行収入(6月最終週から8月3週目ないし4週目までの9週間の間に公開された作品/以下より「夏興行作品」)の合計を積み上げたものである(2015年は最終見込み推計値を用いた)。

chart20150821_01_1000

【図1】

まだ力強い動員が続いている作品も多くどこまで伸びるか未知数だが、現時点の興行収入状況からこの夏の公開作の最終見込みを推計して積み上げると、今年は530億を超え、『トイ・ストーリー3』(108億)、『借りぐらしのアリエッティ』(93億)、『踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!』(73億)など100億級の作品が続出した2010年を上回る結果となりそう。

この図を見ても分かるとおり、記録的興行結果のドライバーは洋画、特に実写がドライバーである。

作品としては、100億級となりそうな『ジュラシック・ワールド』以外にも、『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』、『ミニオンズ』、『インサイド・ヘッド』が40~60億級の動員となっていることが大きい。邦画は、『バケモノの子』『映画 HERO』が牽引している。

前回コラムで、例年の夏興行作品と比べた今年の特徴として、洋画が「鑑賞頻度の低い層での意欲が高くなっているといえそう」と書いたが、『ジュラシック・ワールド』『ミッション・インポッシブル/ローグ・ネーション』のデータを-1Wから1Wのものに更新しても、やはり同じ傾向となった。

chart20150821_02_1000

【図2】各年の夏興行作品の年間鑑賞本数別意欲度

このように良い興行結果となっているが、宣伝費に対してはどうか。まずは予算の大きな割合を占めるテレビCMに対して興行結果がどうだったかを整理した。

以下の【図3】は、邦画・洋画につき、夏興行作品の公開12週前から公開週までのテレビCM露出量の推計値(弊社にて推計)を横軸に、縦軸に最終興行収入をプロットしたものである。2015年の作品は赤い点である。
chart20150821_03_1000

【図3】

左上にある作品は、テレビCM投下量に対して興行収入が多かったものであるが、2015年の作品、特に洋画作品がこのゾーンに多く出ている。
広告宣伝費に占めるウエブ・ソーシャルメディアの予算を増加しているケースも最近増えているので、全体予算に対して効率がよくなっているかどうかはわからないが、少なくともテレビCM量に比して大きな興行成績となっている。

今年は、特に洋画が、動員の広がりという意味でも宣伝効率という意味でも、よい夏となったといえるのではないか。

関連記事

  • 夏の映画興行の分析2015年6月19日 夏の映画興行の分析 梅雨の時期ながら6月も下旬に差し掛かり、そろそろ書き入れ時の夏興行に向けた作品の公開がスタートする時期となった。 そこで今回は、過去 […]
  • 夏の映画興行の「連続猛暑度」2015年8月7日 夏の映画興行の「連続猛暑度」 猛暑が続いているが、今年の夏興行の「暑さ」もかなりのもの、というのが配給・興行関係者の実感であろう。 前回のコラムでとりあげたとおり […]
  • 夏興行の”暑さ”は続くか2014年8月8日 夏興行の”暑さ”は続くか 暦の上では立秋を過ぎたので、少し早目に夏の振り返りを始めていきたい。 今年の夏は例年と比べてどのようなペースなのか。まだ公開されてい […]
  • 2013年夏映画興行の「熱」:さらなるモンスター級の風を求めて2013年9月6日 2013年夏映画興行の「熱」:さらなるモンスター級の風を求めて いま映画事業者の方にお目にかかると「この夏は~」という話になる。「風立ちぬ」「モンスターズ・ユニバーシティ」が合計で200億にもなろうとし […]